浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

光縁山 大蓮寺 (勢至院)  葛南組 1

 1544年(天文13年)に、小田原の大蓮寺の行脚僧・覺譽存榮上人が浦安に参り、当地にあった勢至菩薩像の小堂に参拝し、堂宇を建立し大蓮寺と名付け開創した。
 五代頓譽檀歴上人の弟子に學譽上人がおり、勉学の功つもって小石川の伝通院・結城の弘経寺・鎌倉の光明寺の住職を経て、増上寺第三九世の法主になり、浄土宗縁山伝
の基を確立し、大僧正となった。演蓮社學譽大僧正生阿一呼冏鑑大和尚と号した。
 久助稲荷の伝説は、學譽大僧正が当山で勉学中の頃、稲荷神社に願かけして出世し、増上寺の法主になられた時、大蓮寺に住んでた久助爺が學譽上人の夢中に現
れ、稲荷社の再建を願い出た。學譽上人が調べると、久助爺はすでに15年も前に亡くなっていた。稲荷の身代わりとなった久助の志に驚き感心して、伏見の稲荷社より正一位の位をいただいき、久助稲荷と名付けたと伝えられている。現在も、毎月18日に祈願会、5月には大祭が開催される。
 鐘楼堂は、明治16年の建立で、裏門は300年以上前の大名黒田藩・江戸屋敷の門を拝
領したものである。現本堂は7間四方で、昭和2年の建立であるが老朽のため平成8年に改修築し、三夜堂と地蔵堂を建立した。客殿を平成13年に再建した。

(光縁山 大連寺 勢至院 03.03.10掲載)


開   山
 覺譽存榮上人
開創年次
 1544年(天文13年)
現 住 職
 江口 隆定
指定文化財
  
年中行事
 修正会(1月3日)、彼岸会(3月・9月)、善光寺講(4月・10月)
 稲荷社大祭(5月18日・9月18日)、施餓鬼会(8月15日)
 十夜会(11月第1土曜日)、除夜の鐘(12月31日)
事業活動
 久助稲荷講方会(毎月18日)、善光寺講善光寺参拝(4月・10月)
住   所
 浦安市堀江4−14−2
電   話
 047−351−2533
交   通
 営団地下鉄 東西線 浦安駅より 徒歩5分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.