浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

佛法山 大巖院 (大網寺)  安房組 40

 当寺は、佛法山大網寺大巖院と号し、慶長8年(1603)安房国主里見義康公(里見氏九代)の帰信によって、雄譽靈巖上人を開山として建立された。もと、末寺18ヵ寺、配下の寺7ヵ寺を擁し、房州における浄土宗の触頭の寺であった。
 本堂は、雄譽上人によって建立されたが、完成すると四十八夜の別時念仏を厳修し、
別時が終わって、上人自ら「大巖院」の三字の横額をしたため、本堂正面に偈げられている。
 また、上人は遺弟のかたみ、末代永く結縁のために等身の寿像を作らせ、自ら開眼
供養された。現在も本堂内に安置されている。
 安永元年(1772)第八世到譽上人の代に茅葺で間口9間、奥行8間、向拝3坪の現在の本堂を再建したことが、棟札によって知ることができる。
 昭和29年には庫裏を、昭和39年には本堂を改築した。
 さらに、開創400年記念事業として、平成
11年には客殿を建立、平成14年には納骨堂を建立して、今日に至っている。
 なお、元和10年(1624)に建立された県指定文化財「四面石塔」については、不明な点が多かったが、平成14年3月館山市で開催された「日韓歴史交流シンポジウム」で主要テーマとして取り上げられ、内外の注目を浴びた。

(仏法山 大巌院 大網寺 03.03.10掲載)


開   山
 雄譽靈巖上人
開創年次
 1603年(慶長8年)
現 住 職
 石川 龍雄
指定文化財
  
年中行事
 施餓鬼会(6月上旬)、 開山忌(10月1日)、初不動祈願会(1月28日)
 春秋彼岸会、盂蘭盆行事
事業活動
 お経・詠唱の会(毎月1回)
 涅槃図とステンドグラス展(2月15日前後1週間)
住   所
 館山市大網398−1
電   話
 0470−22−1259
交   通
 JR内房線館山駅より日東バス平館倉庫又はお花畑行き
 上野原下車、徒歩13分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.