浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

華王山 淨蓮寺 (清台院)  安房組 44

 本尊阿弥陀如来。北条村(館山市北条)金台寺末で後水尾帝の勅命により、開山上人を布教のため当地へ派遣され、多くの村民の帰依するところとなる。その時の名主.生稲兵工門は、大旦那となって敷地を寄進し、九間に八間の本堂を創建して「華王山清台院浄蓮寺」と号した。
 元禄の大津波により本堂.古記等を流失し
詳細は不明である。万延元年(1860)三月本堂を再建したが、関東大震災により全壊、庫裡のみ再建して暫時一室に本尊を安置した。
 以来、無住の状態が続いたが昭和11年2月十五世毫誉定戒上人が入山して再興を
計画するも、大東亜戦争のためにその願いもままならず月日は流れた。たまたま昭和36年に宗祖法然上人750年大遠忌を迎えるに当たり、檀信徒と相計り十方有縁の翼賛を仰ぎ、本堂の新築、庫裡の改築を発願し、昭和34年11月永年の宿願が円成する。
 昭和63年1月当山十五世定戒上人遷化により、同年4月現明誉農定が住職として書山し、檀信徒の浄財を受けて平成7年11月客
殿、翌年6月庫裡の新築を完成させ現在に至る。
 俳人.一茶は文化年間にたびたび安房に足を延ばしており、その折には当寺を宿としていたようである。一茶44才の折には当寺に8泊して何句か詠んだ記録が杉谷徳蔵先生の著書「小林一茶と房総の俳人たち」にある。

(華王山 浄蓮寺 清台院 03.03.10掲載)


開   山
 淨蓮社觀譽上人妙阿音龍大和尚
開創年次
 1616年(元和2年)
現 住 職
 郡嶋 晨定
指定文化財
  
年中行事
 修正会(1月1日零時)、御忌(1月末日曜日)、涅槃会(2月15日)
 春彼岸(3月)、花まつり(4月)、盆、施餓鬼(8月)、秋彼岸(9月)
 十夜法要(11月10日)
事業活動
 詠唱会(月2回)、お経会(月1回)、檀信徒文化作品展(年1回)
 鏡開き檀信徒新年会(年1回)、門前掲示伝道(通年)、文書伝道(年6回)
住   所
 安房郡鋸南町勝山315−1
電   話
 0470−55−0388
交   通
 JR内房線 安房勝山駅下車 徒歩6分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.