浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

無量院  安房組 60

  当寺の由緒・沿革については、不明な点が多いが、元禄期の『蓮門精舎旧詞』によれば、開創は明暦元年(1655)とみえる。ただし、開山・方譽圓西上人の寂年は、位牌によると承応3年(1654)とある。
 長い間、兼務住職が続き、また檀徒わずかに7軒のため寺門の経営は困難であった。昭和53年に檀徒及び地元住民の協力を 得て、
本堂を改築した。現在地元の集会場として利用され、地元住民の協力を得て寺院を維持している状態である。
 なお、江戸時代中期の作と思われる観音菩薩像が寺宝として残されている。
3
4

(無量院 03.03.10掲載)


開   山
 方譽圓西上人
開創年次
 1655年(明暦元年)
現 住 職
 石川 龍雄(兼務)
指定文化財
  
年中行事
 施餓鬼会(9月中旬)、 十夜会(11月中旬)、その他春秋彼岸、盂蘭盆行事
事業活動
 
住   所
 南房総市山下430
電   話
 
交   通
 JR内房線館山駅より平九里行きバス千代原下車、徒歩10分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.