浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

金澤山 良玄寺 (山王院)  千葉組 77

 天正18年、本多忠勝公は大多喜栗山の根古屋城に入り、数年にして大多喜城を築城した。文禄4年9月25日、開山団蓮社照譽了学上人を下総小金東漸寺より招き100石を寄進し良信寺を建立した。忠勝公は在城10年の後、勢州桑名城に移封され慶長15年10月18日ご入寂なされ、分骨を良信寺に埋葬した。法名は、西岸寺院殿前中書長譽良信大
居士。その後、慶長18年、忠勝公夫人が没し法名は月量院殿蓮譽光信大禅定尼、続いて元和元年、本多忠朝公は大阪夏の陣に34歳にして討死し、法名を三光院殿岸譽前雲州良玄大居士と号した。以降良信寺を良玄寺に改称し現在に至る。上記お三方
の墓石は今も当山右手墓地の奥に顕在する。尚、本堂は戦後昭和20年代の台風により倒壊しお隣の大円寺の本堂を持って来て以後40数年間両寺で共用していたが、近手檀家一同の気運がみのり、再建に着手、平成9年4月、めでたく落慶の運びとなり現在の威容を誇る。
4

(金沢山 良玄寺 山王院 03.03.10掲載)


開   山
 團蓮社照譽了學上人
開創年次
 1595年(文禄4年)
現 住 職
 尾高 重暉(兼務)
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 施餓鬼会(8月15日)
住   所
 夷隅郡大多喜町新丁180
電   話
 自宅 03−3492−2030
交   通
 いすみ鉄道大多喜駅下車、徒歩十五分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.