浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

巨徳山 淨福寺 (光明院)  東総組 98

 浄土宗三祖・記主禅師が当国巡遊のおり、遠近の男女に日々説法していたところ、当時の小見川城主・粟飯原式部大輔胤秀公は、記主上人の徳深きことを慕い、折にふれ浄土の教法を聴聞して深く仏道に帰依した。やがて上人を戒師と仰ぎ浄土の血脈を伝受し、建長2年(1250)当寺を草創して、記主上人を開山と仰ぎ、巨徳山光明院浄福寺と名づけた。
2
3
4

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  巨徳山 浄福寺 光明院 03.03.10掲載)


開   山
 記主禪師然阿良忠上人
開創年次
 1250年(建長2年)
現 住 職
 高橋 義道
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所

香取市下小堀615

電   話
 04788−2−2643
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.