浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

中根山 極樂寺 (光宗院)  組 101

 当山は、蓮沼村のほぼ中央に位置し、浄土宗三祖・記主禅師の開基による。即ち記主禅師が諸国巡化のおり、下総鏑木の光明寺で浄法を説教していた頃、時の蓮沼の領主・石橋丹後守(上総介平広常の孫・光宗。祖父広常が戦いに敗れたとき、家老・由井兼房等従者20数名に伴われ当地に落ちのび中根に館を築き、家臣もそれぞれ附近の新地
を拓いて子孫繁栄し、現在の蓮沼の基となった)が手厚く禅師を招聘し、館の近くに寺宇を建立した。ちなみに禅師が当地に於て善男善女を集め説法をした時、かたわらの蓮沼池の蓮華が今を盛りと咲き乱れ、あたかも極楽浄土のありさまであったので、
寺名を「極楽寺」と号し、更に地名を蓮沼と称するに至った。また更に院号を「光宗院」山号を「中根山」と称する。(院号をその後弘安年間に一宇を建立したので「弘安院」と称する事もあった)。当寺は明治時代まで蓮光寺・蓮花寺.薬王寺・清浄院・超勝寺・東光院等々の本寺として威勢を誇っていた。又明治8年には蓮沼村役場の前身である扱所の庁舎に使用され、明治17年戸長役場に変更、明治
22年4月市制町村制施行の際も役場庁舎として、またその後は高等補修学校としても使用された。

(「千葉県浄土宗寺院誌」(昭和57年刊)より  中根山 極樂寺 光宗院 03.03.10掲載)


開   山
 記主禪師然阿良忠上人
開創年次
 1257(正嘉元年)
現 住 職
 伊藤 慶成
指定文化財
  
年中行事
 
事業活動
 
住   所
 山武市蓮沼ハ1033
電   話
 0475−86−2036
交   通
  地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.