浄土宗 千葉教区  
メニュー
    

 

元致山 西岸寺 (靈仙院)  葛飾組 139

 文和元年(1352)霊仙という僧が当地に於いて草庵を結び「霊仙院」という一寺を建立、その後幾星霜を経、弘治の頃、荒廃していた当寺を武州平方(埼玉県越谷市)林西寺岌弁和尚が再興され開山となり、元致山霊仙院西岸寺と改号す(弘治3年)。岌弁亡き後は弟子の呑龍上人が住職となり、中興開山となる。安永4年(1775)には呑龍上人の御遺
徳により幕府から境内100間四方を朱印地として賜る。境内地はその後農地解放により現在では妬く500平方mである。
 昭和54年(1979)には唐様式本堂を再建、平成11年には鐘楼堂及び呑龍堂を建
立、本堂彩色復元の一大事業も完了し今日に至っている。
4

(元致山 西岸寺 霊仙院 03.03.10掲載)


開   山
 一蓮社生譽岌辨上人
開創年次
 1557年(弘治3年)
現 住 職
 床井 昭彦
指定文化財
  
年中行事

 修正会(1月1日)、花まつり(5月8日)、施餓鬼会(8月16日)、除夜の鐘(12月31日)

事業活動
 
住   所
 野田市中里493
電   話
 04−7129ー2772
交   通
 東武野田線川間駅下車 徒歩20分 地図

Home  寺院紹介  千葉教区とは  寺院専用  リンク

市町村別  地図から  組別一覧

Copyright (c) 2003-2010 Jodo-Syu Chiba-Kyoku,
All right reserved.